2011年05月25日

清河八郎顕彰会×村山市歴史部会:「歴史・交流懇談会」が実現しました。

20110521yamasin_hachirou_kouryu.jpg5月20(金):11:00〜16:00「清河八郎顕彰会」×「村山市歴史部会」との「歴史・交流懇談会」をプロデュース、清河八郎の出身地庄内町清川から8名、元気・まちネットからは2名(大沼、矢口)、清川八郎が旅で通った場所に標柱を立てた村山市袖崎地区から10名、総勢20名の参加がありました。

両地域ともこれを機会に「歴史・文化を通じた交流を深めて行きたい」と仰ってくれました。
”大成功”でした。

5月21日(土)山形新聞に大きく掲載されました。
posted by c at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清河八郎

2011/05/07(土)〜08(日)「清河八郎・回天の道・文学散歩の旅/観桜会」を開催しました。

20110508yamasin_kaiten_no_michi.jpg 5月7日(土)〜8日(日)「清河八郎・回天の道・文学散歩の旅/観桜会」は好天に恵まれ、予定の20名を遙かに超える30名の参加者で盛会のうちに終えることが出来ました。
 どこの温泉地もそうですが、湯田川温泉も例外ではなく閑散としていましたが、15名も宿泊して隼人旅館さんからも感謝されました。・・・若旦那さんが宴会に自分の席を用意して自らも楽しんでくれました。
 翌日訪問した「藤沢周平記念館」でも、五十嵐館長さんが会議室を用意してくれて、記念館が立ち上がるまでの経緯や藤沢周平さんの話を60分も話して下さいました。
 庄内地方(庄内町・鶴岡市・酒田市)の「活性化」に少しばかりですが寄与出来ました。
image815.gif
icon_l23.gif
元気・まちネットの掲示板に写真入りレポートがあります。
2011年5月8日の山形新聞に紹介されました。
・隼人旅館の若旦那さんのブログにも詳細レポートがアップされています。
posted by c at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清河八郎
2011年04月18日

明治維新の魁・幕末の風雲児"清河八郎・回天の道・文学散歩の旅/観桜会"参加者募集!

ari_shuryou.gif昨年は清河八郎生誕180年を記念して「回天の道」の古道を整備・復活、満願寺から山伏峠まで「回天の道・文学散歩の旅」を楽しみました。今年は山桜の咲く5月に「第2回:回天の道・文学散歩の旅/観桜会」を計画しました。 皆さんのご参加をお待ちしています。 詳細はこちらをご覧ください。

【Aコース:1泊2日】 5/7(土)〜8(日)
費用:¥14,500−/1人
費用に含まれるもの:宿泊費、食事(朝1、昼2、夕1)、バス代、案内人費用
利用旅館:湯田川温泉「隼人旅館」(男女別の相部屋)、
交通機関:貸切バス/案内人同行いたします。
コース:9:00清河八郎記念館集合〜満願寺〜山伏峠(展望台)〜添川〜玉川寺〜湯田川温泉(泊)〜藤沢周平記念館(見学・セミナー)〜昼食/14:00自由解散

【Bコース:土曜日1日参加日帰り】 5/8(土)

費用:¥4,700−/1人 費用に含まれるもの:昼食代、バス代 案内人費用
コース:9:00清河八郎記念館〜満願寺〜山伏峠(展望台)〜添川(地蔵の湯休憩)〜清河八郎記念館:16:40自由解散

20110507-08kaiten_no_mici.jpg【募集人員】 Aコース、Bコースとも20名
【申込み締切日】 4月30日(土)
  ただし、定員になり次第締め切らせて頂きます。
【申込み、お問い合わせ】
  株式会社日本海トラベル
  (担当:後藤、電話:0234−43−4312)
  立谷沢川流域振興プロジェクト協議会
  (清川歴史の里のやかた内)0234−43−0571

【企画】 NPO法人 元気・まちネット(東京)
【実施】 株式会社 日本海トラベル 
【後援】 庄内町、町観光協会、清河八郎顕彰会、 立谷沢川流域振興プロジェクト協議会

posted by c at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清河八郎
2011年02月17日

庄内町に行ってきます

元気・まちネットのホームページでもお知らせした月山の麓で地域住民と触れ合う『雪祭り体験の旅』モニターツアーに今週末行ってきます。雪灯り制作やスノーシュートレッキングなど、冬ならではの旅企画。 果たして冬の「回天の道」はスノーシューで踏破できるのでしょうか? 後日報告いたしますので、お楽しみにimage3517.gif
タグ:山形
posted by c at 03:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清河八郎
2011年02月06日

月山の麓で地域住民と触れ合う『雪祭り体験の旅』モニターツアー参加者募集

観光庁のモニターツアー“月山の麓で地域住民と触れ合う「雪祭り体験の旅」”の参加者を募集します。
山形県庄内町立谷沢地区で開催される「月の沢龍神街道スノーアートフェスティバル」に参加して、地元の皆さんと一緒に、雪国ならではの各種プログラムに参加できるプランになっています。
   ・雪像づくり、雪灯りの制作・観賞
   ・雪上体験プログラムへの参加
  (スノーモービル体験、かんじき・スノーシュートレッキング、歩くスキー体験から選べます)
20110206.jpg-----------------------------------------------------------
lli06.gif出発: 2月18日(金)22:00(都内出発)
lli06.gif帰着: 2月20日(日)21:00(都内着)
lli06.gif旅行代金(一人当たり):大人¥15,000
         (12歳まで¥10,000)
          一人部屋利用追加¥3,000
lli06.gif食事: 朝2食、昼2食、夜1食付き
lli06.gif宿泊: 鶴岡第一ホテル
-----------------------------------------------------------
lli06.gif申込締め切り: 2011年2月9日(木) (締め切りました)

★超格安ツアーです。
★スノーシュー(かんじき)、クロカンスキーなどは、レンタル(無料)が可能です。(申込時に希望を伝えください) ari_shuryou.gif
★お誘い合わせのうえ是非ご参加ください。参加希望の方は矢口まで・・・
タグ:山形
posted by c at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清河八郎
2011年01月24日

やまがたニュースオンライン(山形新聞)に『回天の道』の連載記事(全13記事)が掲載!!

20110124.jpg 元気・まちネットでは、清河八郎が18歳のとき庄内町清川から羽黒山麓を巻き、六十里越街道から寒河江・山形・上山を抜け江戸へ向かった、その山形路200kmを2年に渡り丹念に踏査・検証いたしました。

 昨2010年は地元庄内の皆さんと、八郎が辿った山伏峠に至る古道を整備、「回天の道・文学散歩の旅」を実施、また12月には、山形大学基盤教育院:山本陽史教授と、「桜田門外の変」の映画化支援の会:谷田部智章氏を迎え、東京で「清河八郎生誕180年記念シンポジウム-清河八郎・回天の門・藤沢周平を語る-」を開催、シンポジウムの翌日には参加者の皆さんと江戸における清河八郎ゆかりの地を巡るバス・ツアーを行いました。

 2年前に始まった清河八郎「回天の道」踏査・検証から昨年末の東京シンポジウムまで、長きにわたってに同行取材し、数々の記事を掲載してくださった山形新聞さん。その山形新聞のホームページに、『清河八郎「回天の道」元気・まちネット踏査同行記』として、これまでの記事が全て掲載されています。その数なんと13回!この機会にぜひご覧ください。
posted by c at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清河八郎
2010年11月11日

「清河八郎生誕180年記念シンポジウム-清河八郎・回天の門・藤沢周平を語る-」を東京にて開催します。

20101205-06.jpg 元気・まちネットは2年に渡り、八郎18歳のとき庄内町清川から羽黒山麓を巻き、六十里越街道から寒河江・山形・上山を抜け江戸へ向かいました。その山形路200kmを丹念に踏査・検証、今年は地元庄内の皆さんと八郎が辿った山伏峠に至る古道を整備し、「回天の道・文学散歩の旅」を実施することが出来ました。  ”明治維新の扉は清河八郎が開け、坂本竜馬が閉じた”と作家司馬遼太郎氏は評しています。 NHK「龍馬伝」、映画「桜田門外の変」と今まさに幕末ブームです。
 昌平校(東京大学の前身)に学び、北辰一刀流の免許皆伝を得て淡路坂(お茶の水)に学問と武芸を教授する「清河塾」を開設した清河八郎は「桜田門外の変」に遭遇して庄内の父宛に「霞ヶ関一条」を書き送ります。山形大学基盤教育院教授:山本陽史氏は著書「藤沢周平の山形」に”清河八郎を再評価する”を著しています。奇しくも千代田区立歴史民俗資料館で八郎を再評価する資料が新たに発見されました。
 山形から山本教授を迎え、何故再評価することに至ったのか、また八郎が影響を受けた「桜田門外の変」の映画化支援の会:谷田部智章氏の興味あるお話を伺いたく、4月の庄内町シンポジウムに続き、東京でも開催する運びとになりました。 詳細は、シンポジウムちらしをご覧ください。

lli06.gif開催期日 2010年12月5日(日)
         13:30〜17:00シンポジウム 17:30〜20:00懇親会
         (希望者のみ)12月6日(月)清河八郎ゆかりの地を見学 image3517.gif
lli06.gif開催場所 大正記念館ホール(江東区清澄庭園内)
lli06.gif企画主催 まちづくりグループ「元気・まちネット/東京」(NPO法人)
lli06.gif共   催 清河八郎顕彰会、立谷沢川流域振興プロジェクト協議会
lli06.gif協   賛 鞄本海トラベル、山新観光
lli06.gifari_shuryou.gif後   援 山形県、庄内町、山形新聞社・山形放送、庄内町教育委員会、庄内町観光協会(依頼中)
lli06.gif協   力 財団法人清河八郎記念館
posted by c at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清河八郎
2010年09月29日

「清河八郎・回天の道」文学散歩の旅、無事終了!

20100924yamagatasinbun.jpg9月18日(土)〜19日(日):「回天の道・文学散歩の旅」は好天に恵まれ、また地元からの参加者も含めると25名、約2.5kmの古道を2時間かけてゆっくりトレッキングを楽しみました。
元気・まちネットの掲示板に、写真とともに報告をアップしていますので、ご覧になって下さい。
元気・まちネットからは、橋田、三森、佐野、矢口の4名が参加、9月24日の山形新聞にも大きく紹介されました。
たくさんのご参加ありがとうございました!


posted by c at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清河八郎
2010年08月25日

清河八郎・回天の道」文学散歩の旅、参加者募集!

「清河八郎生誕180年記念シンポジウム -清河八郎・回天の門・藤沢周平を語る-」から早いもので4ヶ月が過ぎました。清河八郎が辿った回天の道を皆さんと共に歩いてみたいと「文学散歩の旅」を企画しましたのでご案内します。

20100918-19.jpg【清河八郎/回天の道・文学散歩の旅】
<1泊2日コース>
日程:9月18日(土)〜19日(日)
費用:
¥17,500−/人
宿泊:
湯田川温泉隼人旅館
コース:
清河八郎記念館〜満願寺〜山伏峠〜添川〜湯田川温泉(泊)〜藤沢周平記念館、藤沢文学ゆかりの地〜清河八郎記念館〜山形
<日帰りコース>

日程:
9月18日(土)
費用:
¥3,500−/人
コース:
清河八郎記念館〜満願寺〜山伏峠〜添川〜清河八郎記念館〜山形

※いずれのコースも満願寺(肝煎)から添川まではトレッキングとなります。
詳細はこちらをご覧ください。
20100820yamagatasinbun.jpg
●募集人員:各コース40名(定員になり次第締切)
●申込締切:8月31日(火)
●企画:まちづくりグループ「元気・まちネット」
■問い合わせ/申込み:
     山新観光(株) 電話:023−622−8321

image815.gif

山形新聞にも紹介していただきました→



ari_shuryou.gif

posted by c at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清河八郎