2012年09月19日

“白洲次郎が愛した蔵王“シンポジウムin山形 ―白洲山荘見学と紅葉の蔵王散策―

10月20日()21日()に開催いたします
 “白洲次郎が愛した蔵王“シンポジウムin山形 ―白洲山荘見学と紅葉の蔵王散策―
の概略をお知らせいたします。

20121020-21image02.jpg

白洲次郎が東北電力初代会長時代(昭和26年〜昭和34年)蔵王を気に入り、ヨーロッパの山荘を模したヒュッテ・ヤレン(現三宅山荘)を建てスキーを楽しんだのが、昭和32年〜昭和34年でした。
山交ケーブル(現蔵王スカイケーブル)に乗り、ドッコ沼から歩いて蔵王山頂を目指しました。
リュックサックに詰めたビールやチーズを山頂付近の雪原で冷やし、仲間と楽しく飲んだことが「次郎と正子」に描かれています。

ヒュッテ・ヤレンで珈琲を淹れたり、仲間と将棋を指したりしながら、ソファーで寛いでいるお宝写真が数十枚手に入れることが出来ました。
これらの写真をご紹介しながら、何故日本のスキー場が衰退してきたのか、スキー場を抱えるまちをどうしたら昔の賑わいを取り戻すことが出来るのか、皆さんで考えてみたいと思います。


<山形シンポジウム>

            〒990-0832  山形市城西町2丁目2-22 山形駅から約1Km. 
  • 費 用 : ¥1,000-(資料代)
  • 募 集 : 100名
  • 締 切 : 2012年10月15日(月)

  シンポジウム・プログラム概要
    14:00〜14:10 挨 拶
    14:10〜14:30 日本のスキーの現状について / 
    14:30〜15:15 白洲次郎が愛した蔵王 / 元気・まちネット 代表:矢口正武
    15:30〜17:00 パネルディスカッション:スキー場の課題と再生について / 
                司会:矢口正武

<白洲山荘見学と紅葉の蔵王散策>

  • 期 日 : 2012年10月21日(
  • 時 間 : 9:30〜15:00 (受付:9:00〜) 
  • 集合場所 : 蔵王スカイケーブル駐車場
  • 費 用 : ¥1,000-(ガイド料)
  • 募 集 : 30名
  • 締 切 : 2012年10月15日(月)

お申込みは・・・
下記を添えて、メールもしくはFAXにて「元気・まちネット」までお申込みください。
  1.参加日
      @10/20(土)シンポジウムのみ参加
      A10/21(日)白洲山荘見学と紅葉の蔵王散策のみ参加
      B両日とも参加
  2.住所
  3.氏名
  4.年齢、性別

申込み先 : NPO法人元気・まちネット/東京 (担当:矢口) 
           Mail : yaguchi.m@so-kk.jp
           FAX : 03-3829-4692 
   
申込締切 : 2012年10月15日(月)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58352031
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック