2012年02月28日

幕末の志士清河八郎・・・

image_kyokucho2s.gif東北には幕末に活躍した志士は余りにも少ない。

「白河以北はひとやま百文」と言われ続けてきた中でも解るように地政学的に無理な話ではなかったろうかと思われる。
そんな中、山形には清河八郎とおう希代な志士がいたことを改めて知らされた。

西には天誅組と称する尊王攘夷派の武装集団がいた。
藤本鉄石、吉村寅太郎、松本奎堂と3人の総裁がいてその中の藤本鉄石(志士・書画家)が諸国を歴遊中、庄内を訪れ八郎の生家の客人となり長逗留した。

このとき清河八郎は藤本鉄石の影響を色濃く受け、18歳のとき江戸へ向けて出奔する。
先日の山形新聞に大阪府藤井寺に住むKさんという方から「清河八郎を全国区に」という投稿があった。
そのご、私からKさんに連絡をとり意気投合、いわゆるメルトモとして情報交換をさせて頂いている。
5/25(土)付け山形新聞「社説」に”本県から「幕末」を発信”という見出しで「まちネット」のことが取り上げられた。

奇しくも2/27(月)山形駅前にある霞城セントラル内会議室に於いて、「清河八郎回天の道・六十里越街道広域連携懇談会パート2」を開催、庄内から内陸に至る街道約150kmを4回に分けて「文学散歩の道」を企画・実施しようと決めたばかりだった。

2012年度の「元気・まちネット」はまたまた多忙を極めることになるだろう・・・嬉しい限りである。

【元気・まちネット掲示板より転載】

posted by c at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 清河八郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55860710
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック