2012年04月09日

「旧白洲次郎山荘(ヒュッテ・ヤレン)保存・活用の会」ホームページを公開しました。

jaren01.png故白洲次郎氏は、終戦直後、吉田茂の片腕として連合国最高司令官総司令部と渡り合い「従順ならざる唯一の日本人」と呼ばれたことはあまりにも有名です。

経産省(旧通産省)を創設後、昭和26年東北電力会長に就任、蔵王スキー場を「東洋のサンモリッツ」にしようと自ら蔵王に山荘「ヒュッテ・ヤレン(現三宅山荘)」を建てました。61年前に既にオール電化、オープンキッチン、天然冷蔵庫、3重の窓など、ヨーロッパの山荘を彷彿とさせる造りになっています。

この山荘を、蔵王いや山形県の歴史的・文化的遺産として保存・活用できるよう現オーナーの快諾を得て、旧白洲山荘(現三宅山荘)の保存・活用に向けての活動を開始しました。昨年は専門家による建物調査を行い、12月と今年2月には蔵王でイベントを開催し多くの白洲次郎ファンと語り合いました。

募金活動を開始するにあたりホームページを立ち上げました。
お時間のある時にご覧ください。
●旧白洲次郎山荘(ヒュッテ・ヤレン)保存・活用の会
http://www.genki-machinet.com/contents/ZaoProjectMJ/index.html
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54970485
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック