2016年03月12日

山形新聞2016/02/05

昨年5月、元気・まちネットや山形県庄内町、戸沢村の有志が集まり、庄内町と戸沢村が地域連携し「景観や歴史・文化」を通じて地域に活力をもたらし、元気で楽しいふるさとを創造することを目的とした「最上川・陸羽西線活性化委員会」が発足しました。
活性化委員会では、今年5月、「最上川・芭蕉しろうとハイク(俳句)国際選手権・春」を開催します。新緑の最上峡や白糸の滝を眺め、舟下りやハイキングを楽しみながら俳句を詠む楽しいイベントです。
ご参加をお待ちしております。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175580101
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック