2014年10月30日

山形新聞2014/09/29

image_kyokucho2s.gifイザベラ・バードが明治11年(1878年)に来日、日本の奥地(日光以北)を旅して著したのが「日本奥地紀行」でした。元気・まちネットがバードの山形路(200km)を踏査・検証し、7年かけてバードのルートマップをこの3月に完成させました。またJR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」8月号には「日本奥地紀行」が特集されました。
偶然とは言え嬉しい限りです。

trainvert201408gr.JPG

ノンフィクション作家藤原作弥氏は9月25日(木)付け山形新聞「直言」にイザベラ・バードを取り上げていました。この記事に「私の主張」として投稿したところ9月29日(月)山形新聞に掲載されましたのでご覧になって頂ければ幸いです。

2014年10月06日

12月6日(土)「元気・まちネット自主公開講座:日本奥地紀行―イザベラ・バードの山形路(200km)」を開催します!

―自主公開講座:日本奥地紀行―
イザベラ・バードの山形路(200km)
(イザベラ・バード没後110年記念)

たいそう暑かったが、快い夏の日であった。
会津の雪の連峰も、日光に輝いていると、冷たくは見えなかった。米沢平野は、南に繁栄する米沢平野というより鉛筆で描いたように」美しい。米、綿、とうもろこし、煙草、麻、藍、大豆、茄子、くるみ、水瓜、きゅうり、柿、杏、ざくろを豊富に栽培している。実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカディア(桃源郷)である。           ―イザベラ・バード著『日本奥地紀行』/高梨健吉訳著より抜粋―

【公開講座概要】
期   日:2014年12月06日(土)
時   間:13:30〜16:40 (受付13:00〜13:30)
場   所:専修大学大学院神田校舎7号館7階771
費   用:¥500-(資料代、会員は無料)
定   員:30名
申   込:2014年11月1日(土)〜12月3日(水)
申込方法:メールまたはFaxに、
       @住所、A氏名、B連絡先(電話番号)、Cメールアドレス
       を記入の上、お申込み下さい。(担当:矢口)
        メール: genki-kuma@mc.point.ne.jp
        F a x: 03-3711-1403
主   催:NPO法人元気・まちネット


【公開講座内容】
・13:00〜13:30
 受 付
・13:30〜13:40
 挨 拶:大林 守(NPO法人元気・まちネットアドバイザー/専修大学商学部教授・国際交流センター長)
・13:40〜14:40
 基調講演:「バードを追いかけ山形路」
・14:40〜15:35
 イザベラ・バードの山形路200km/朗読会
 矢口 正武(NPO法人元気・まちネット代表理事)/朗読:佐野 千晶)
―トイレ休憩5分―
・15:40〜16:40
 フリートーク(参加者・主催者)
・17:00〜20:00
 懇親会(希望者のみ,費用は¥3,000-程度を予定しています。)

2014年10月05日

山形新聞2014/07/24

7月下旬、山形新聞年間企画「やまがた観光復興元年」に元気・まちネットが企画した”ヒュッテ・ヤレン杯/第一回 蔵王温泉国際トレイルランニング大会”が大きく取り上げられました。

松本市民タイムス2014/06/22

夏場のスキー場利用について、『北アルプス山麓アドベンチャー・ゲームズ2001』の実績を持つ元気・まちネットの代表理事:矢口が、「松本市民タイムス」から取材を受け、コメントが掲載されました。