2011年10月29日

「月山山麓・回天の道アドベンチャーラン大会」無事終了しました。

20111024yamasin.jpg幕末の志士:清河八郎が、18歳で故郷の庄内町清川を出奔して江戸へ向かったその道を、元気・まちネットでは藤沢周平氏の小説「回天の門」にちなんで「回天の道」と名付け、山道の整備をしてくださった地元庄内町の皆さんとともに文学散歩の旅やシンポジウムを開催し、地域活性化に取り組んできました。
この「回天の道」をコースにした新しいアドベンチャーラン大会が10月23日(日)に開催されました。スタートは山形県庄内町の「清河八郎記念館」。山伏峠を折り返す約20kmのコースで、途中ご当地クイズに答えるなど単にタイムを競うだけではない新しいタイプのアウトドアスポーツで、子どもから大人まで、家族や仲間と一緒に楽しめるように、「個人の部」「駅伝の部」「親子の部」の3部門で開催しました。
当日の様子が山形新聞2011/10/24に掲載されましたので、ご報告いたします。
posted by c at 03:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | 清河八郎